ハイローオーストラリアの悪い評判・悪評まとめ!本当に信頼できる業者なの?

2019年8月8日

▼ハイローオーストラリアの無料デモを試してみる☟

バイナリー業者は数多くありますが、あなたはどこの業者を使用していますか?海外バイナリー業者の中でも、参入人口が一番多いのが、ハイローオーストラリアです。

そのハイローオーストラリアですが、ネットでの評判が悪く、悪評が非常に多いです。
今回は、なぜハイローオーストラリアに悪評が多いのか、結論として、ハイローオーストラリアは、信頼できる業者なのかを中心に紹介していきます。

※こちらのハイローオーストラリアの評判のページを参考にさせていただきました。

ハイローオーストラリアの悪い評判

まず、ハイローオーストラリアに悪評が多い理由として、以下の3つ挙げられると思います。ハイローオーストラリアの悪評の共通点として、
取引の際の悪評ということです。

スプレッドが出る

スプレッドとは、価格差のことです。FXではよく聞く単語ですが、バイナリーしかやったことがない人にとっては初めて聞く人も少なくないと思います。

ハイローオーストラリアの場合、Turbo取引の場合はスプレッドがでません。しかし、HighLow取引の場合はスプレッドが出てしまいます。スプレッドがでると、取引においてどのようなデメリットがあるのか。

例えば、ドル円を110.000でHighエントリーをしたとします。本来であれば、判定時間の時に110.001以上であれば勝ちです。しかしその取引でスプレッド5が出てしまうと、110.006以上でないと勝ちにはなりません。なので、スプレッドが出てしまったときは、しっかりPipsをとらないと厳しい戦いになります。

同じ時間帯の取引で多くの金額が入っていると、スプレッドが出やすくなります。同じ場面でたくさんの人がエントリーしていると、スプレッドが出るということです。

明確な数字は公表されていませんが、だいたい100万円以上の金額が同時にエントリーされると、スプレッドが出てしまいます。

滑りが出る

滑りとは、エントリーしたはずのポジションよりも少し悪いポジションでエントリーされてしまうことです。

購入ボタンを押したのに、なかなかエントリーが反映されないという経験はありませんか?そして少し時間がたった後にエンリーされたと思ったら、ポジションが悪い。。それが滑りです。

長い時間の取引の場合は、そこまで大きく影響しないかもしれませんが、Turboの30秒や1分取引の場合、1pipsの勝負も多いので、滑りがあると非常に不利になります。

約定拒否が多い

ハイローオーストラリアでは、約定拒否が多いという悪評もあります。約定拒否とは、購入を押しても購入が完了しないことです。

つまりエントリーできてないことです。「レートが更新されたため約定できませんでした。」のような文章が出て、なかなか約定できないことが多いので悪評が出ています。

しかも、それが自分がいいポジションでエントリーできたと思った時に限って約定できないことが多いです。

約定されないから、約定されるまで購入を押し続けてやっとエントリーできたと思ったら滑りが出て、ひどいポジションでエントリーされたという経験をした人も少なくないと思います。

ハイローオーストラリアは信用できる業者?

上記のように悪評もありますが、もちろん良いところもあります。ここからは、ハイローオーストラリアの信頼できる点、信頼できない点をそれぞれ紹介して、総合的に評価していきます。

信頼できる点

ハイローオーストラリを利用する上で他の業者にはあまりみられない信頼できる点がいくつかあります。

出金がしっかりしている

バイナリーオプションにおいて、一番といっていいほど大切なのが、「出金」ですよね。
どれだけ取引しやすく、サポート体制がしっかりしていても、稼いだお金を出金できなかったら意味がありません。

バイナリー業者の多くは、出金額が大きくなると出金拒否されたり、出金申請してから、出金されるまで2週間近くかかったり、非常に出金に関しての問題が多いです。

それに対して、ハイローオーストラリアは、出金拒否することなく、どんなに大きなお金でもしっかり出金されます。出金されるまでの非常に早く、翌日、翌々日には、しっかり出金されます。

カスタマーサポートがしっかり日本語で対応してもらえる

バイナリー業者を選ぶ前に確認しておきたい事項として、「サポート面」も大切です。バイナリーは、お金に関することなので、サポート面がしっかりしていないと自分の大切なお金を失う危険性もあります。

海外業者の場合、日本語に対応していないことも考えられます。ハイローオーストラリアは、しっかり日本語に対応していて、
丁寧に回答してもらえます。

参入人口が非常に多い

バイナリー業者は、世界中に数多くありますが、その中でもハイローオーストラリアは参入人口がダントツで多いです。
ハイローオーストラリアは、日本の業者ではなく、海外の業者ですが、日本でもトップシェアを誇ります。

参入人口が多いということはそれだけ多くの人から信頼されていることを証明しています。

信頼できない点

上記で述べたようにもちろん信頼できる点もあります。しかし、一方で信頼できない点もあります。

撤退する可能性がある

今、ハイローオーストラリアが撤退すると言われているということをご存じですか?
最近、口座が移行してすでに撤退する準備が進んでいるのです。まだ、日本では、撤退の話はあまり大きく話題にはなっていませんが、実は、日本以外の国は、すべて撤退しています。日本もすぐに撤退するという話はまだないですが、いずれ撤退するのではないかという噂もあります。

もし、撤退してしまった場合、ハイローオーストラリアに入っているお金が出金できなくなる可能性があるので、今のうちからこまめに出金しておく必要があるかもしれません。

取引に関して少し不安がある

上記で、悪評が多い理由としても述べましたが、「スプレッドが出る」、「滑るが出る」、「約定拒否が多い」など取引に関して、非常に不安が多いです。

取引に関して不安な面が多いと、「本来なら勝っているのに、スプレッドのせいで負けたてしまった。」、「滑りのせいで1Pipsの差で負けた。」、「チャンスが来たのに、約定拒否されてエントリーできなかった。」

このような問題があると、勝率が下がってしまったり、そもそもエントリーできなかったということが増えてしまいます。トレーダーからすると、1つでも当てはまると非常に厳しくなります。

総合評価

これまで、ハイローオーストラリアの悪評を踏まえて、信頼できる点、信頼できない点をそれぞれ紹介してきました。
では、総合的に、ハイローオーストラリアというバイナリー業者は、総合的に見てどうなのかということを紹介していきます。

結論から言うと、バイナリー業者を選ぶなら、ハイローオーストラリアだけと言っても過言ではありません。

たしかに、上記のように、いくつか悪評や信頼できない点があるのは事実です。ですが、総合的にみると、ハイローオーストラリアはバイナリー業者の中で一番おすすめかなと思います。

逆に言うと、ハイローオーストラリア以外の業者はさらに悪評が多いのです。やはり、ハイローオーストラリアが他の業者と比べて良い点が「出金」にあると思います。

出金に関しては、一番気をつけなくてはいけません。どれだけ大金を稼いでも出金拒否されて出金できなかったら意味がありません。

幸いハイローオーストラリアはデモトレードが実装されています。滑りやスプレッドが気になるときは、デモトレードを試してみると実際どの程度発生するかを確認することができます。

⇒ハイローオーストラリアのデモのやり方を見る

確かに、取引の面を見るといくつか悪評が多い点もありますが、総合的に見ると、ハイローオーストラリアは良心的な業者かなと思います。