ハイローオーストラリアとソニックオプション徹底比較!どっちがオススメ?

ハイローオーストラリアとソニックオプションを比較してみました。

基本情報

バイナリーオプションを提供しているハイローオーストラリアとソニックオプションを会社名や取扱通貨等で比べた場合、提供会社が現地当局からの監督下で営業を行っており、多くの通貨や商品を取り扱っているハイローオーストラリアの方が優れているといえます。
以下、基本情報等の詳細を記載します。

ハイローオーストラリア

[会社情報]
ハイローオーストラリアは、HighLow Markets Pty. Ltd.という会社が提供しているバイナリーオプション取引です。上記でも説明しましたが、現地の当局監督下で営業を行っています。また、顧客が預けたお金に対してナショナル・オーストラリア銀行に分別管理をしています。

[取引手法]

取引手法は以下のように4つ存在します。
①HighLow
→取引時間が15分、1時間、1日に分けられています。
②HighLow(スプレッド)
→上下の基準レートに開き(スプレッド)があり、スプレッド内にレートがおさまった場合  は負けのトレードとなります。取引時間はHighLowと同様です。 ③Turbo
→取引時間が30秒、1分、3分、5分の取引時間に分けられています。
④Turbo(スプレッド)
→上下の基準レートに開き(スプレッド)があります。取引時間はTurboと同様です。

[取扱通貨]

HighLowやHighLowスプレッドでは、以下の商品を取り扱っています。
通貨:USDJPYやEURJPY等の17通貨ペア
その他:日経225等の株価指数や原油等の商品も取り扱っており、かなりの種類の取引が行えます。

ソニックオプション

[会社情報]
ソニックオプションは、K2 Ventures Limitedという会社が提供しています。所在地は英領西インド諸島のアンギラに存在するとHPに記載しています。
[取引手法]
ハイローオーストラリアと同様の取引手法がありますが、名称が異なっています。それぞれレンジ、ショート、ハイローといった手法が存在します。
レンジ取引は、ハイローオーストラリアのスプレッド取引と同様です。但し、30秒・60秒・90秒といった短い時間の取引となっています。

ショート取引は、turboと同様で30秒・60秒・90秒といった短い時間の取引です。
ハイロー取引は、HighLowと同様です。取引時間は15分のみです。

[取扱通貨]

以下の7通貨ペアを取り扱っています。
①USD/JPY (米ドル/日本円)
②EUR/JPY (ユーロ/日本円)
③EUR/USD (ユーロ/米ドル)
④GBP/JPY (ポンド/日本円)
⑤AUD/JPY (豪ドル/日本円)
⑥GBP/USD (ポンド/米ドル)
⑦AUD/USD (豪ドル/米ドル)

ペイアウト率

ペイアウト率で比べた場合、スプレッド取引の場合はソニックオプションが良く、通常のバイナリーオプションはハイローオーストラリアに軍配があがります。とはいえ、スプレッド取引に大差がないことを考えると全体的にはハイローオーストラリアの方がペイアウト率で勝っています。以下、2社の詳細です。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアのペイアウト率は最大2倍となっています。取引毎にペイアウト率は異なっており、スプレッド取引である場合は一律2倍、スプレッドでない取引については以下のようなペイアウト率となっております。
HighLow:1.8~1.9
turbo:1.85~1.95

ソニックオプション

ソニックオプションのペイアウト率は最大2.02倍と業界でも最高水準のものとなっています。ソニックオプションについても取引種類によってペイアウト率が異なります。

レンジ:2.02~
ショート:1.75~
ハイロー:1.75~

ボーナス

ハイローオーストラリア、ソニックオプション共に新規取引に対してボーナス及び臨時のボーナスが存在しますが、種類の多さからハイローオーストラリアの方が高いボーナスを受け取ることが可能と思われます。
ハイローオーストラリアのボーナスは複数種類存在します。まずボーナスの種類ですが、口座開設時に行われるキャッシュバックがあります。また、取引に応じてポイントが付与されるHighLowポイントが存在します。

【ハイローオーストラリア】

[キャッシュバック]
ハイローオーストラリアにおける新規取引はどなたでも取引口座を開設した際に受け取れるボーナスです。2月22日現在では新規取引口座に対して5000円のボーナスが付与されます。

[HighLowポイント]
毎月取引におけるボーナスは、取引額1000円毎にポイントが付与される仕組みです。ポイントの付与はランクに応じて変動します。ランクは1ヶ月の取引額によって以下のように定められます。

(プレーヤー)
1ヶ月の取引額が999,999円以内の場合、当ランクとなります。残念ながらこのランクの場合には取引によってハイローオーストラリアにて付与されるポイントはありません。
(トレーダー)
1ヶ月の取引額が1,000,000円から1999999までの場合、当ランクとなります。このランクでは、1000円の取引毎に3ポイントの付与があります。
(プロ)
1ヶ月の取引額が2,000,000円から4,999,999円までの場合は、1000円の取引で5ポイント付与されます。
(エリート)
1ヶ月の取引額が5,000,000円以上の場合は、1000円の取引で5ポイント付与されます。
※最大で50,000ポイントまで獲得することが可能です。
尚、毎月ランクは取引金額に応じて変わりますので注意が必要です。

ソニックオプション

2月22日時点ではキャンペーンとしてボーナスを受け取れるチャンスがあります。ボーナスは金額に応じて複数種類存在します。
[2万円から3万円未満の入金]
50%還元。2万円の入金があった場合、1万円のボーナスが入金されます。
[3万円から10万円の入金]
50%還元。10万円の入金があった場合、5万円のボーナスが入金されます。
さらに5,000円のボーナスが追加されます。
[10万円を超える入金]
60%還元。30万円の入金があった場合、18万円のボーナスが入金されます。
さらに5,000円のボーナスが追加されます。

・安全性

安全性を比べるポイントとしてはシステムの安定度やマーケットの急変時や相場発表時においても通常どおり取引が行うことができるかです。
システム面で考えると双方とも全く何の障害もないといったことはなく、ログイン障害や出金障害等が存在しますが長期にわたって不具合が起きているわけではなく早急な対応により復旧が行われています。

サポート

ハイローオーストラリア、ソニックオプション共に問い合わせ窓口を設けていますが、電話対応を行っているハイローオーストラリアの方がサポート体制が整っているといえるかもしれません。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアでは、日本語によるホームページやデモトレード及びサポートデスクが用意されています。サポートデスクの時間についても0900から1700まで電話で問い合わせを行うことができます。また、メールでも問い合わせを行うことが可能です。

ソニックオプション

ソニックオプションではホームページ上に問い合わせ電話番号は用意されていませんが、サポート用にメールアドレスを用意しています。ホームページにかかれていない内容で疑問点があった場合、このメールアドレスに質問等を行うことができます。

取引ツール

チャート表示機能面で評価した場合、ソニックオプションの方が機能面で充実しています。但し、両社ともに備えている機能だけでは取引を継続する上で不足感が否めないため、MT4等の外部ツール等を駆使していくことになると思われます。

ソニックオプション

他のバイナリーオプションでは取引画面にローソク足などの設置はありませんが、ソニックオプションには取引画面の下にローソク足が表示されています。ローソク足が表示されていることで長期のトレンドを確認したい場合、他のバイナリーオプションでは外部のツール等を参照しなければなりませんが、ソニックオプションでは画面を遷移することなくローソク足を参照できます。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアではローソク足を表示する事はできませんが、トレイダーズ・チョイスというポジションの指標を確認できる機能を備えています。

総評

2社とも良い点が多く存在するものの、各項目で比較を行った場合、多くの項目でハイローオーストラリアの方が優れていると言えそうです。今後の対応によりソニックオプションも良い点が増えていくとは思いますが、現時点ではどちらで取引を行うのが良いかと聞かれた場合、ハイローオーストラリアとお答えします。